媚薬とは様々な意味で使用されている言葉ですが、勃起不全を改善させるための言葉として使われる場合、それはどういったものなのでしょうか。
特に勃起不全治療薬との違いはと言うと、それは医薬品であって化学的に合成された物質であるのに対し、媚薬とは大昔から使用されてきており、成分には自然界から取れた天然のものを主成分としています。
たとえば、マカや牡蠣エキス、ニンニク、ナマコ、ザクロやカフェイン、動物のペニスなどです。
勃起作用を高める漢方薬や生薬、また精力剤も媚薬に含まれます。
効果の出方は自然なので、性的な刺激がなくても勃起したり、また徐々に勃起不全が改善されたり、体調自体が良くなったり様々です。
天然の成分が元になっている為、ほとんどは身体への負担がなく勃起機能が向上し、ナチュラル志向の方はもちろん、高血圧など持病があってバイアグラなどが飲めない方にもオススメです。
ただ、ED治療薬のように性行為のときだけ効果がでるといった便利さはなく、そのことを理解した上で服用しなければなりませんね。
媚薬の効果がどれぐらいで表れるか、またどれぐらいのあいだ効果が持続しているかどうかは成分や成分の配合量次第です。
例えば、マカは天然のバイアグラと言われていて、性器の血流を上げる成分であるデキストリンやアルカロイドや、精液が生産されるのに求められる亜鉛、アルギニンなど勃起不全を治す為に良い成分が沢山含有されており、続けて服用することで効果が発揮されるようになります。

こちらはバイアグラみたいに即効性があるのもではありませんが、
動物のペニスのエキスが入ったドリンクなどは即効性があって服用後20〜30分で効果が出始める方もいるようです。
媚薬は様々な会社から多種多様なかたちで販売されています。
輸入品も含めると本当に沢山あってどれがいいか迷いそうですが、口コミや成分を見ると効果が期待できるものもたくさんあり、是非色々お試しされてご自身にあったものを見つけてみてほしいと思います。